連携ガジェットの作成

サムライクラウド連携ガジェットの作成について記します。
サムライクラウド連携ガジェットは、OpenSocial、OAuthといった標準規格にのとって作成します。
ガジェットの実体はガジェットXMLというXMLファイルで、アプリケーションはXMLファイルで完結する事もできますし、hrefとしてサービス提供者のサーバーのアプリを参照する事も可能です。

ガジェットの実行コンテナはOpenSocialに対応しているもので、現在検証が行われているのはエイムラック社のAipoとiGoogleです。
AipoはOpenSocialに拡張機能を持たせており、Aipoのユーザー情報取得やAipo風の外観スタイルを適用するなどの機能を利用する事ができます。

サムライクラウド連携ガジェットを作成するには下記の要件が必要です。
1 SAML SP設定(ShibolethSP or SoimpleSamlPhp)
2 OAuth SPの設定
3 REST APIを用意する
4 ガジェットXML作成して配置する
サムライクラウド連携ガジェットを作成するには下記のスキルが必要です。
1 XMLが記述できる
2 HTML/JavaScriptが記述できる
3 jQueryが利用できる(オプション)
4 Ajaxでのデバッグ経験(はまったら必要)
1 OpenSocial/OAuthについて
概要は下記をご参照ください。
NCWG.20111205.pptx

2 サムライクラウド連携QuickStart

3 リファレンス

NCWG.20111205.pptx (612.8 kB) 前本 知志, 03/01/2012 12:37 pm